Blogブログ

耐震等級ってなに?

皆さんこんにちは!鈴木です!

今回は前回の企画住宅とは?注文住宅との違い

に出てきた、耐震等級についてお話ししたいと思います!

まだ見てない方は上記をクリック↑

耐震等級とは?

家を購入したり建てたりする際には、

耐震性能を示す「耐震等級」という言葉がよく使われています。

地震の被害が各地で多い今、

「耐震」という言葉をよく耳にするようになりました。

そんな中で耐震等級という言葉をよく理解できていない人が多くいます。

耐震等級は地震に対する建物の強度を示すランクのことです。

建物の耐震性によってランクが3段階に分けられており、

その数字が大きいほど耐震性に優れています。

耐震等級1

建物に備わっているべき耐震性能が最低限満たしていることを示しており、

震度6強から7に相当する、

数百年に一度起こる大地震に耐えうる強度を持つように構造計算されています。

耐震等級2

耐震等級1の1.25倍の耐震性能が備わっていることを示しており、

災害時の避難場所として使われる学校や病院・警察などの公共施設は、

必ず耐震等級2以上の強度を持つことが決められています。

耐震等級3

耐震等級1の1.5倍の耐震性能が備わっていることを示しており、

耐震性能の中で最も高いレベルになっています。

最後に

センチュリーホームはすべての企画住宅が耐震等級3相当です。

ぜひ、センチュリーホームで地震に強い家を!