Blogブログ

寒い冬を乗り切る!なぜ暖房をつけても寒いのか?

みなさんこんにちは!鈴木です!

最近寒くなりすぎて朝、布団からなかなか出られません…。

なので今回は寒さ原因を調べ、

自分なりにまとめてみたいと思います!

暖房を使ってもまだ寒い!なぜ??

寒い冬を乗り切るため、暖房をつけても

なかなか部屋が暖まらないことありませんか?

その原因は3つあります。

それは「窓」「壁」「床」です。

壁や屋根に断熱材を施している部屋であっても、

寒い冬場、部屋の窓際にいくと

寒い」と感じることはありませんか?

部屋の温度を下げる大きな原因のひとつは「窓」です。

窓は、たとえ閉め切った状態でも熱伝導の働きで、

室内の暖かい空気はどんどん外へ逃げ、

外の冷たい空気は室内へ入り込みます。

そのため、窓が多い部屋や大きな窓がある部屋は、

比較的寒さを感じやすいです。

また、窓枠と窓ガラスのフレームの間には隙間があります。

これが部屋が冷える原因になります。

「壁」も「窓」と同様に熱伝導の働きにより、

室内の暖気を外に逃がし、

外の冷たい空気を室内に伝える性質があります。

また、築年数の古い家では

断熱性能がしっかりしてないかもしれません。

その場合は冷気がダイレクトに室内に繋がるので室内が冷やされます。

エアコンが効いてきても

足元だけが寒いということがよくあります。

これは「コールドドラフト現象」が大きく関係しています。

コールドドラフト現象とは、

暖房で暖まった室内の空気が、

冷えた窓に触れることで冷たい空気に変わり、

下降して床に流れ込むことです。

この現象により、私たちの体感温度は、

実際の室温よりも低く感じてしまうのです。

このように、寒さの原因はたくさんあります。

では、どうすれば効率よく部屋を暖めることができるのか?

次回はそれを徹底解説します!